ブログ・コラム

中小企業の経営力と業績向上を加速する アクセルコンサルティング株式会社 近畿経済産業局認定 経営革新等支援機関

〒600-8095 京都市下京区東洞院通綾小路下ル扇酒屋町289番地デ・リードビル6F

友だち追加

無料メールマガジン

「ゼロから」収益向上を加速する!無料メールマガジン・アクセルニュース!小さな会社の経営者のための最新情報をお届けします。

アフターコロナを見据えたビジネスモデル再構築①

2021.1.22

今回から新しい連載をスタートします。

テーマは「アフターコロナを見据えたビジネスモデル再構築」です。

 

ほとんどの業種・事業者でコロナによる影響が出ていますが、従来の事業活動を大きく転換する必要性に迫られている企業も多いと思います。

新分野進出や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編などを検討している事業者に対してお役に立つ情報を提供していきます。

 

事業活動を大きく転換していくということは、ビジネスモデルを再構築していくということです。ビジネスモデルとは、売上・収益を生み出す製品・サービスに関する事業戦略と収益構造のことを言います。

誰にどんな製品サービスを提供し、その対価をどこから得ているか、事業全体のモノ・サービスやお金の流れを図式化したものをビジネスモデル図と言います。

 

コロナによる生活・社会環境の変化により、これまで通りの販売形態で売上を維持・拡大することが難しくなった。

顧客や社会に求められる商品・サービスが変化した。

飲食店等では店内飲食が制限され大きな影響を受け、時短営業や感染対策、席数の減少等の対策が必要になった。

 

これらのような様々な影響が出ていますが、従来どおりのビジネスでは事業継続すらできない厳しい状況の事業者もいます。

そこで考えていただきたいのが、ビジネスモデルの再構築です。

 

顧客ターゲットを変える、商品・サービスを変える、提供方法を変える、収益構造を変える等、様々な方法が考えられます。本コラムでは複数回の連載によってビジネスモデル再構築の方法を皆さんに学んでいただけばと思っています。

 

次回のテーマは「コロナがもたらした変化」を知るということで、事業者や地域経済に与える影響を見ていきたいと思います。

 

【採用情報2】中小企業診断士及び1次試験合格者募集します!

2021.1.21

中小企業診断士として共に成長し、小さな会社の経営向上のために

一緒に働く仲間を募集しています!

※まずは、詳しいお仕事内容をご説明しますので、興味を持っていただけましたら、ご連絡ください!

おそらく・・・京都で唯一の中小企業診断士のチームで構成される会社です。

組織体制強化のため人員補充・増員を検討しており、今回、中小企業診断士の1次試験合格者を対象に、私たちと共に小さな会社の経営支援をしていただける仲間を募集します。

私たちの会社を改めてご紹介すると・・・

中小企業の経営力と業績向上を加速する

「小さな会社の業績アップを加速」 「働きたくなる元気な企業をつくる」

私たちは京都府内を中心とする中小企業の成長への取り組みを加速させ、その会社に関わる顧客・社員・経営者・地域社会の幸せに貢献します。

私たちのコンサルティングミッション

小さな会社に価値ある情報・考え方を提供、実践力を身につける手助けをすることで、
より高い価値を社会に提供し続けられる多くの「幸せ創造企業」を輩出します。
幸せ創造企業とは、その会社が事業を行っていることで、
そこで働く社員、経営者が幸せを感じ、
顧客や社会とともに分かち合うことができる会社のことです。

このような考え方に共感される方、自律しながらお互いの個性を尊重し組織で働くこと、チームで働くことに関心がある方、ご応募お待ちしております。

雇用形態  契約社員(最初の3ヶ月は試用期間、正社員登用あり)
対象  中小企業診断士資格保持者または1次試験合格者(今年度2次試験合格を目指される方)で、前向きに物事を捉え、明るく周囲との関係作りができる方、勉強熱心な方を募集します。
職種  経営コンサルタント補佐及び経営コンサルタント
具体的な仕事内容  経営改善支援、小さな企業の経営支援(詳細は当社HPをご覧ください)

 最初は補佐的な業務からとなります。
経営改善支援、小さな企業の経営支援(詳細は当社HPもご覧ください)
売上高1億~10億程度の京都を中心とした小規模・中小企業を対象として、収益改善コンサルティング(事業再生・経営改善含む)、マーケティング・セールスコンサルティング、組織活性化コンサルティングを中心に経営コンサルティング事業を行っています。その他、商工会議所等の支援機関や金融機関等のセミナー講師、研修事業、経営者とともに伴走支援する経営顧問にも携わっていただきます。

就業場所  京都市下京区のオフィス他、クライアント先訪問(主に京都府内)等あり
給与  当社規定による
賞与  業績による 前年実績(7月、12月)
勤務時間  9時00分~18時00分 労働時間:8時間00分 休憩時間:60分
休日  土日祝日、年末年始(12月29日~1月4日)・夏休み4日、有給休暇・慶弔休暇
必要な資格・経験  中小企業診断士1次試験合格者(必須)、経営支援経験、事業会社経験等
選考フロー  応募書類(履歴書・職務経歴書)送付(応募書類の書式自由、メール添付)
応募連絡と注意事項  担当:阪本  連絡先メール:accelc(at-mark)accelc.co.jp ※(at-mark)を「@」に置き換えてください

 ※ご質問・ご応募については件名に【応募について】と明示お願いします

 ※まずは、詳しいお仕事内容をご説明しますので、興味を持っていただけましたら、ご連絡ください!

中小企業診断士が小さな会社の支援をすることで、その会社に関わる方の幸せの創造につながり、世の中にお役に立てる実感を持てること、それが私たちの豊かな人生につながります。そのために、支援の現場で共に働く中小企業診断士を増やしていきたいという思いもあります。

私たちの仕事は、中小企業診断士の1次試験、そして2次試験の学習過程で学んだこと、これまでの社会人経験を活かすことのできる仕事です。当然、2次試験の論述試験にも直結で役に立つ仕事内容だと思います。

経営改善計画策定や販路開拓、営業支援、組織改革、事業承継など、会社の状況に応じてテーマは様々です。ひとつの課題ではなく複合的な課題をご支援することが多く、特定の業種に限定した仕事ではありません。そのために、日々「深い人間性・広い社会性・高い生産性」を目指して、情報収集と自己研鑽を重ね、人間力を高めていく必要があります。支援をすることを通して社会をより良く変えていくためのお手伝いができる素晴らしい仕事だという誇りを持って、日々の仕事をしています。

日々の仕事からの様々な経営者からの出会いに感謝しつつ、提供できる価値を高めていくこと、その中で新たに身につく専門性もたくさんあり、社内のメンバーが、お互いの成長を支援し合える関係性、成長意欲を持ち続けていくことが大切だと思います。

【資格取得支援】
今回応募される中小企業診断士1次試験合格者の方が、2次試験に合格し資格取得されることを応援することで、共に仲間として成長していきたいと考えていますので、現在いるメンバーの中小企業診断士が、2次試験に対する助言・アドバイスを含めて合格を応援します。試験前には有給休暇を積極的に活用してください。

まずは、詳しいお仕事内容をご説明しますので、興味を持っていただけましたら、ご連絡ください!

 


令和2年度第3次補正の中小企業等事業再構築促進事業

2021.1.14

岡原です。

2020年12月15日、経済産業省の令和2年度第3次補正予算案が閣議決定されました。

小さな会社でも活用できそうで、注目されているのが、補正予算案額1兆1,485億円とされる中小企業等事業再構築促進事業です。

【対象】
新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等を目指す、以下の要件をすべて満たす企業・団体等の新たな挑戦を支援します。
1.申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等。

2.事業計画を認定支援機関や金融機関と策定し、一体となって事業再構築に取り組む中小企業等。

3.補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加、又は従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加の達成。

【補助率(一部抜粋)】
通 常 枠
補助額:100万円~6,000万円
補助率:2/3

【中小企業等事業再構築促進事業の活用イメージ】
(小売業)
衣服販売業を営んでいたところ、コロナの影響で客足が減り、売上が減少
⇒店舗での営業規模を縮小し、ネット販売事業やサブスクサービス事業に業態を転換。

補助経費の例:店舗縮小にかかる店舗改修の費用、新規オンラインサービス導入にかかるシステム構築の費用など

(製造業)
航空機部品を製造していたところ、コロナの影響で需要が減少
⇒当該事業の圧縮・関連設備の廃棄等を行い、ロボット関連部品・医療機器部品製造の事業を新規に立上げ。

補助経費の例:事業圧縮にかかる設備撤去の費用、新規事業に従事する従業員への教育のための研修費用など

(飲食業)
レストラン経営をしていたところ、コロナの影響で客足が減り、売上が減少
⇒店舗での営業を廃止。オンライン専用の注文サービスを新たに開始し、宅配や持ち帰りの需要に対応。

補助経費の例:店舗縮小にかかる建物改修の費用、新規サービスにかかる機器導入費や広告宣伝のための費用など

【補助対象経費の例】
建物費、建物改修費、設備費、システム購入費、外注費(加工、設計等)、研修費(教育訓練費等)、技術導入費(知的財産権導入に係る経費)、広告宣伝費・販売促進費(広告作成、媒体掲載、展示会出展等)等が補助対象経費に含まれます。

【ポイント】
①建物が補助対象経費になっている数少ない補助金です。
②コロナ救済型ではなく、どちらかというと、コロナを回避するために思い切った事業転換等を支援する内容のようです。
③あくまで予測ですが、早ければ3月公募締め切りという1次受付が開始されるかもしれません。早めの準備をしましょう。

 

中小企業等事業再構築促進事業のパンフレットです。

【採用情報】一緒に働く仲間を募集しています!!

2021.1.7

中小企業診断士として共に成長し、小さな会社の経営向上のために

一緒に働く仲間を募集しています!

※まずは、詳しいお仕事内容をご説明しますので、興味を持っていただけましたら、ご連絡ください!

おそらく・・・京都で唯一の中小企業診断士のチームで構成される会社です。

組織体制強化のため人員補充・増員を検討しており、今回、中小企業診断士の資格保持者を対象に、私たちと共に小さな会社の経営支援をしていただける仲間を募集します。

私たちの会社を改めてご紹介すると・・・

中小企業の経営力と業績向上を加速する

「小さな会社の業績アップを加速」 「働きたくなる元気な企業をつくる」

私たちは京都府内を中心とする中小企業の成長への取り組みを加速させ、その会社に関わる顧客・社員・経営者・地域社会の幸せに貢献します。

私たちのコンサルティングミッション

小さな会社に価値ある情報・考え方を提供、実践力を身につける手助けをすることで、
より高い価値を社会に提供し続けられる多くの「幸せ創造企業」を輩出します。
幸せ創造企業とは、その会社が事業を行っていることで、
そこで働く社員、経営者が幸せを感じ、
顧客や社会とともに分かち合うことができる会社のことです。

このような考え方に共感される方、自律しながらお互いの個性を尊重し組織で働くこと、チームで働くことに関心がある方、ご応募お待ちしております。

雇用形態  契約社員(最初の3ヶ月は試用期間、正社員登用あり)
対象  中小企業診断士資格保持者で、前向きに物事を捉え、明るく周囲との関係作りができる方、勉強熱心な方を募集します。
職種  経営コンサルタント
具体的な仕事内容  経営改善支援、小さな企業の経営支援(詳細は当社HPをご覧ください)

 売上高1億~10億程度の京都を中心とした小規模・中小企業を対象として、収益改善コンサルティング(事業再生・経営改善含む)、マーケティング・セールスコンサルティング、組織活性化コンサルティングを中心に経営コンサルティング事業を行っています。その他、商工会議所等の支援機関や金融機関等のセミナー講師、研修事業、経営者とともに伴走支援する経営顧問にも携わっていただきます。

就業場所  京都市下京区のオフィス他、クライアント先訪問(主に京都府内)等あり
給与  当社規定による
賞与  業績による 前年実績(7月、12月)
勤務時間  9時00分~18時00分 労働時間:8時間00分 休憩時間:60分
休日  土日祝日、年末年始(12月29日~1月4日)・夏休み4日、有給休暇・慶弔休暇
必要な資格・経験  中小企業診断士(必須)、経営支援経験、事業会社経験等
選考フロー  応募書類(履歴書・職務経歴書)送付(応募書類の書式自由、メール添付)

 書類選考→  説明会・一次面接 →  二次面接 → 内定 

応募連絡と注意事項  担当:阪本  連絡先メール:accelc(at-mark)accelc.co.jp ※(at-mark)を「@」に置き換えてください

 ※ご質問・ご応募については件名に【応募について】と明示お願いします

 ※まずは、詳しいお仕事内容をご説明しますので、興味を持っていただけましたら、ご連絡ください!

 

アフターコロナの営業・集客活動【まとめ】

2020.12.16

これまでアフターコロナの営業・集客活動として連載してきました。
今回はそのまとめとして、これまでお伝えしてきたことを振り返っていきたいと思います。

アフターコロナの営業・集客活動①
従来の営業活動を見直して、新たな流れを構築する必要があるという話をしました。

アフターコロナでは、これまでの常識だった見込み客の集客と育成活動が大きく変化します。

これまでインターネットを活用せずに営業・集客活動を行っていた企業にも、この変化に対応していく必要があります。

ウィズコロナの時期だからこそ、各種ITツールを活用した営業・集客活動の見直しが必要です。

 

アフターコロナの営業・集客活動②
様々なITツールがあり、無料で利用できるものも多数あります。

これらのITツールを活用する上で重要なのが、見込み客情報の一元管理とデータ分析活用です。

いわゆる「見える化」と「共有化」の取り組みで、非対面型の営業・集客活動に移行する為に重要なのものです。

特に、これまで営業活動は営業担当者に任せっきりになっていたような企業は、まず見える化・共有化の仕組みづくりからスタートする必要があります。

 

アフターコロナの営業・集客活動③
どのように見える化・共有化に取り組んでいけばいいのかという話をしました。

非対面型営業・集客活動で重要なのは、顧客の住所や電話番号等の基礎情報ではなく、より詳しい生の顧客情報です。

会社の悩みやお困りごと、問題・課題などを聞く機会が多い、営業担当者が鍵を握ります。

営業担当者の仕事は、商品・サービスを売ることだけではありません。

役割を拡張し、セールス部隊は会社の司令塔であると位置づけることが求められています。

 

アフターコロナの営業・集客活動④
顧客の生情報の活用について話をしました。

顧客情報の活用と言えば、一般的にメールマガジンの配信、ダイレクトメールの郵送、オンラインセミナー開催等、様々な情報提供の手段が考えられます。

しかし、見込み顧客は今すぐ自社の商品・サービスをしようとしているわけではありません。

売る前に、まず興味をもってもらうかが重要であり、その為にニーズを具体化する必要があります。

自社は、
「どのように顧客のお困りごとを解決できるのか?」

この問いを徹底的に考え抜くことがアフターコロナ時代のゼロからセールスの第一歩となります。

 

アフターコロナの営業・集客活動⑤
前述の問いの考え方について話をしました。

まず、顧客は誰か?

次に、顧客のお困りごとは?

最後に、そのお困りごとに対して自社でお役に立てることは?

コロナショックによって、新たなに発生した顧客のお困りごとは何かを、できるだけ多く洗い出す。

数多くのお困りごとの中から、自社の商品・サービスや強み・特徴、経営資源等を活用して、お役に立てそうなお困りごとをピックアップします。

そして、どのようにお役に立てるのかを具体化します。

 

アフターコロナの営業・集客活動⑥
顧客のお困りごとを解決する為に、まず取り組んでほしいことして事業ドメインの見直し話をしました。

誰に(顧客)・・・どのようなニーズを持ったターゲット顧客に対して

何を(商品サービス)・・・どのような価値のある製品・サービスを

どのように(提供方法)・・・どのような強みを使って、どのように提供するか

コロナがもたらしたのは、常識の転換です。

アフターコロナでは、顧客のお困りごとが大きく変化してきています。

顧客のお困りごとを解決してお役に立つのが営業活動の本質だとすると、企業戦略においても「顧客、商品サービス、提供方法」の3つ切り口で事業転換を考える必要があります。

まず重要なのは、顧客のお困りごとの変化を的確に捉え、事業ドメインを見直していくことなのです。

 

アフターコロナの営業・集客活動⑦
事業ドメインの見直しのポイントについて話をしました。

新規事業を考えるときは、市場ニーズがあり、自社の強みを活かせる事業アイデアを3つの切り口で検討するのがポイントです。

新たな取り組みをしようと当然新たな課題が出てきますが、これらを乗り越えてはじめて新規事業が立ち上がります。

 

アフターコロナを見据えて、これまでの営業・集客活動を見直したいと考えておられる事業者は、是非各コラムをご覧いただけますと幸いです。

当社では京都府及び近畿圏内の事業者様からのご相談をお受けしております。

ご支援を希望される方は、お気軽にお問い合わせページよりご連絡頂ければ幸いです。