ブログ・コラム

中小企業の経営力と業績向上を加速する アクセルコンサルティング株式会社 近畿経済産業局認定 経営革新等支援機関

〒600-8095 京都市下京区東洞院通綾小路下ル扇酒屋町289番地デ・リードビル6F

友だち追加

補助金に関するお問い合わせは、
現在お受付を休止させていただいております。

無料メールマガジン

「ゼロから」収益向上を加速する!無料メールマガジン・アクセルニュース!小さな会社の経営者のための最新情報をお届けします。

ワクワクを起点に、認め合いの風土を醸成する

2024.5.23

こんにちは、阪本です。

一昨年から、近所の「シェア畑」で野菜作りを学び始めました。2年目に入り生活の一部になってきたかなという感じです。5月から6月にかけては、脇芽を取ったり支柱を立て替えたりと、手を入れる作業が多く、キュウリやナスが成長します。今年はぬか漬けにも再挑戦しています(数年前にも始めましたが、半年ほどでやめてしまいました)。野菜作りもぬか漬けも、環境が大切で、手を入れ過ぎず自然に適応し、無理やり促進させずに待つことが求められます。これって組織にも通じるところがあるなーと、最近よく思っています。(写真はぬか漬けです)

さて、「ワクワクを起点に認め合いの風土を醸成する」について考えてみたいと思います。認め合いとは「相互承認」のことです。この相互承認をワクワクしながら組織の風土として醸成できたら素晴らしいと思っています。「促進」や「活性化」といった言葉ではなく「醸成」としたのは、それがすぐにできるものではないからです。広告のような「これで絶対変わる」「読むだけで儲かる」といった強いキャッチコピーは、誇大広告にしか思えません。特に人や組織に関しては、そんな簡単にはいかないと考えています。「風土」という土壌を整えるものとすると、「醸成」や「発酵」が適していると思います。

ワクワクの源泉となるもの

ワクワク感とは、新しいことや挑戦的なことに対する期待感や興奮、そして楽しみを感じる感情を指します。仕事においても、新しいプロジェクトの開始や、チームとの協力による成果への期待感として現れます。ワクワク感は、個人のモチベーションや創造性を高め、組織全体の生産性や士気を向上させます。そんなワクワク感を感じながら認め合いの醸成を進めるための仕掛けをつくっていきましょう。

相互承認の一歩とは

SNSが広がっているように、相互承認に対する人間の慣性のようなものを感じます。最も簡単で日常的にできるのは、相手の存在を認めることです。その方法は、挨拶をする、名前を呼ぶ、話を聞く、会話をするなどの動作によって最低限の相互承認がなされます。

ご自身を振り返ってみてください。朝から相互承認の行動が取れていますか?名前を呼んで出会った人と目を合わせるだけで、相手の受け取り方は大きく変わります。このような小さなテクニックの積み重ねもあり、気持ちだけでなく習慣化していくことが「承認力」だと思います。私も投稿に「いいね」が増えると嬉しいし、コメントでさらに認められている感じがします。これって「存在承認」でもありますよね。でも、その承認欲求のポイントは人それぞれです。表現方法も単一ではなく、それぞれのキャラクターや性格にもよります。だからこそ、お互いを知ることが大切です。それが「相互承認」の第一歩となります。

 

承認のポイント(セミナー資料より)

ワクワク感を起点に、「認め合い」の風土を醸成できることは、経営者としてのリーダーシップとして大切だと考えます。そんな体験を、ちょっとだけ体験していただけるワークショップを企画しました。

 

詳細はこちらから・・まずは承認力の確認と、承認ポイントを感じてみませんか。

https://lp.accelc.co.jp/2405

より良い組織づくりについて、語り合いましょう。お気軽にお声がけください。

関連記事:11月のブログhttps://accelc.co.jp/blog/jieigata/

中小企業診断士 阪本 純子

生成AIは「使う時代」から「選ぶ時代」へ

2024.5.10

生成AIの認知度は2023年に急速に高まっていますが、まだ業務で十分に活用できていない中小企業経営者の方は多いのが現状です。一方で、生成AIの技術は急速に進化しているため、これまでの「生成AIを使う」から「生成AIを選ぶ」へという時代にすでに変わりつつあります。これからの時代、適切なAIを選択することが企業の成功に直結するため、今回はその「生成AIを選ぶ」について紹介します。

 

文章作成ならClaude3を使おう!

Claude3とは2024年3月にAnthropic社が発表した大規模言語モデル(LLM)です。ChatGPTと同様に人間のような自然な文章を生成できます。Claude3は、文章生成において特に優れているため、メール作成などの日常業務ではもちろん、ビジネス文書や論文、書籍作成など、より専門的で洗練された内容が求められる場合も適しています。

 

Claude3は文章作成においてChatGPTより優れている

Claude3 Opus ChatGPT-4 Turbo
性能(それぞれとの比較) 推論において高性能 数学・言語理解・テキスト生成において高性能
用途 文章作成 高い汎用性
プロンプト処理量 20万トークン 3.2万トークン
画像生成 不可
料金 20米ドル/月 20米ドル/月

上記の表はClaude3とChatGPTとの違いをまとめたものです。性能は推論のテストにおいてはClaude3 Opus が高性能だったのですが、そのほかの点においてはChatGPT-4 Turboの方がClaude3 Opusよりも高性能という結果になっています。そのため、性能や用途においてはChatGPTの方がはるかに優れています。しかし、Claude3は文章の自然さや文体のバリエーションに特化していることから文章作成においてはChatGPTより高性能であり、著名な方など多くの人から評価されています。

これは、学習しているデータに違いがあると言われています。ChatGPTは膨大なWebデータを主に学習しているため汎用性が高くなっています。一方、Claude3は高品質の書籍や論文を主に学習しているため、ChatGPTよりも質の高い文章を作成します。また、プロンプト処理量がChatGPTに比べて約6倍であり、長文を記憶できるため、長い文章の校正にも使用できます。

 

生成AIを選ぶ時代に突入

2023年はChatGPTを導入すること自体が一つの大きなステップでした。しかし、2024年以降は、類似した機能を持つ複数の生成AIの中から最適なAIモデルを選ぶ時代へと移行していきます。Claude3の例のように、より良い文章を生成してほしい時は、汎用性の高いChatGPTではなくClaude3を選択する方がよいということが分かります。

今後はそれぞれの企業に合った最適なAIモデルを選ぶことができないと、効率性だけでなく品質の向上についても競争力を失うことになります。

 

生成AIの進化に伴い、中小企業経営者はただ生成AIを導入するだけでなく、目的や用途に応じて最適なAIモデルを選ぶ必要があります。Claude3のように特定の用途に特化したモデルが登場することで、飛躍的に生産性を向上させられる可能性があります。最適な生成AIモデルを選び、企業はその可能性を最大限に引き出して、競争力を高めましょう。

生成AIの波に乗れ!中小企業経営者が生成AIを活用すべき3つの理由

2023年の顔「生成AI」の基礎・使い方を理解しよう!

経営コンサルタント

平田 紘基

小さな会社だからこそ活用したい!!便利ツール5選

2024.5.7

岡原です。今日は当社でも使っているツール、今活用しようとしている便利ツールについて紹介します。

何度も言っていますが、これからの時代は、人材の採用は非常に困難になってきます。
その中で、人件費の上昇、仕入原価の上昇もあり、当社も含めて小さな会社が存続していくためには、付加価値の向上が必須です。

付加価値の向上とは、同じ人員でより多くの利益を上げるか、同じ利益を上げるために少ない労働で行うかのどちらかになります。

これを実現していくため、ぜひ使っていきたい生産性向上ツールがあるので、今回は5つ紹介させていただきます。

1.ChatGPT
ChatGPTは、大規模言語モデルの生成AIです。これは、小さな会社にとって欠かせない存在です。キャッチコピー作成、ブログ作成、報告書作成などの文章作成には欠かせないものですし、まだまだ進化していくので、是非活用していきましょう。
これについては、今までブログで紹介してきたので、説明は省略させていただきます。ぜひ、以下の過去ブログをご覧ください。

自分専用のGPT「MyGPTs」リリース!!ChatGPTがまたまた進化!!

ChatGPT、さらなる高みへ ~ChatGPTが持つ新たな4つの機能~

ChatGPTの新機能3選!知って得するChatGPTの最新機能を徹底紹介

2.Canva(キャンバ)~プロフェッショナルなデザインを簡単に~
Canvaは、パソコンやスマホで使えるデザインツールです。具体的には、店のチラシデザイン、新しいロゴの作成、製品やイベントのランディングページ(LP)作成などが簡単に行えます。テンプレートを使って基本的なレイアウトを選び、そこに自分の写真やテキストを加えるだけで、独自性のある素敵なデザインが完成します。また、このツールはオンラインで使えるため、どこからでもアクセスして作業を進めることが可能です。学校のプロジェクトや個人の趣味のプロジェクトにも活用できるため、多くの人にとって非常に便利なツールです。

当社では、プレゼン資料の作成、LPのバナーデザイン作成、セミナー等のチラシ作成で活用して、大活躍しています。もちろん有料契約しています。その他、動画作成、AIによる画像編集もできるので、これもぜひ活用したいツールです。

3.ペライチ~手軽にホームページ作成~
ペライチは、ウェブサイトをプログラミング知識ゼロのノーコードで簡単に作るためのツールです。プログラミングを知らなくても、デザインサンプルを選らんで、マウスを使ってドラッグ&ドロップするだけで、自分のウェブページが作れます。また、Canvaで作成した画像をバナーにすることもでき、簡単に変更することができるので、効果検証しながら、効果の高いホームページを作っていくことができます。

当社では、セミナーや勉強会のLPはペライチで作成しています。そのバナーはCanvaで作っています。ノーコードでコーディング技術なしで、簡単にLPが制作でき、問い合わせや申し込みフォームの設置、カード等の決済まで可能です。

4.kintone (キントーン)~プログラミング知識なしで業務用アプリを作成~
kintoneは、プログラミングの知識なしで、ノーコードで業務のシステム化や効率化を実現するアプリがつくれるクラウドサービスです。手書き作業しているとか、このエクセルに入力して、こっちでも同じような情報を入力しているとか、非効率な業務を自社専用アプリを作成して、解決できます。kintone内に様々なアプリのひな型があるのと、自分でゼロから作っていくこともできます。これもノーコードで、プログラミング知識ゼロで、入力するパーツや計算させるパーツをドラッグして持ってくるだけで作れます。
実際に当社では、日報を今まで毎日チャットワークに報告することにしていましたが、テキストベースでその時に情報を確認することにしか使えませんでした。それをkintoneを使って、日報アプリを作成しています。ものの数時間でアプリを作ることができ、運用はまだですが、日報を入力することで、各業務工数の見える化が簡単にできそうです。また、顧客カルテと日報を連動させて、情報を一元化したり、さらにプロジェクト管理と連携させて、スポット業務の進捗見える化にも使えそうだと思っています。

5. Google Chrome拡張機能
Google Chromeの拡張機能は、chromeのインターネットブラウザを使うときに便利な道具を追加できるという機能です。これは、前回のブログで書きましたので、そちらを参照してみてください。

Google Chromeの拡張機能はすごく便利!!省力化ツールのご紹介

これらのツールは、私たち小規模・中小企業の生産性向上に低コストで貢献してもらえるものです。私たちもコンサルティングでも積極的に使い方を提案していって、お客様の業務効率化を実現し、できた時間を売上アップなどに使えるようにしていきたいと思います。

中小企業診断士 岡原 慶高

エンゲージメントが高い組織は関係性から

2024.4.16

阪本です。

4月も後半、桜も散り初夏を感じさせる気候に入ってきました。先日の日曜日は、私が住む地域で5年ぶりに完全復活した玄武神社のやすらい祭りが行われました。桜と共に散り広がる疫病を花傘に集めて神社に封じ込めるという1年間の無病息災を祈願するお祭りです。

息子たちが参加するので、練習風景も少しだけ見ていましたが、祭りで練り歩く花形の鬼役、お囃子の笛の男の子たちは2週間、毎晩の練習。やんちゃな男の子たちの前に立って指導に当たる高校生や大人の方の熱気もすごいし、何だかいい空気です。短期間の力の入れようを感じます。こういった短期間の目標が明確な行事ってみんなの本気度が集結して、普段地域で顔見知りだったり遊んでいたりする間柄ではあるものの、普段とは違った場の中でそれぞれの強みが発揮できる場だなあと感じました〜ただ、私たちに見えるのはほんの短期間だけで、氏子町内会からの初穂料で何とかお祭りが継続し保存されています。この時期だけでなく、日々活動されている各町内の宮総代さんや踊りの保存会の方々のおかげ、そして声掛けなどもあり継続できていることも改めて知ることにつながりました。

さてさて、引き続きよりよい組織づくりからよりあたたかい豊かな社会をつくっていきたく発信していきますのでお付き合いください。

関係性から始まる、beから始まる

度々ご紹介している「関係性の質」もう一度復習的に・・・

前回のブログでもご紹介した木村社長と先月に再びお話しする機会に恵まれ、また学びました。人と人の関係性、コミュニティは「いる」→「なる」があって「する」があるはずなのに、会社では「する」が先に来てしまっているからうまくいかなくなるだということ。「いる」があって「なる」ために、雑談を含めて考え方を話すこと、一緒にいて話す時間を増やすために、3ヶ月に1回の社員同士で企画する社会科見学をやっているそうです。期待や成果をベースとなる「する」が前提にならないように。ヒューマンビーイングがあるとチームワークが生まれて、助け合う組織ができてくる。当たり前のようなことながら、人間性が大切と言いながら目先にとらわれると、気づかないうちに機械的に扱ってしまうことがないでしょうか。丁寧に扱えなってしまうと信頼関係と関係性は一気に壊れてしまいます。

共感しあえる目的を語り合う

目標はなくてもいい、目的があればいい。以前にもご紹介したアグティさんの齋藤さんが言われていました。目標を達成したらそこどまり、本質的な意味を考えなくなってしまう、思考停止してしまうと。じゃあ売上や利益目標って何?社内に説明していますよね。小さな目標の積み重ねがあってこそ目的は達成されるし、年始や期の始まりに「経営目標」を発表されている会社もあると思います。ただそれはあくまでも「経過」であることを忘れてはいけません。あくまでも「目的」を達成するための手段が目標です。ひとりひとりの価値観や生きる目的は違うかもしれません。でも重なり合う部分を分かり合っていれば組織で一緒にやっていく価値を感じてもらえるはずです。メンバーそれぞれの違う部分を認め合い共感しあえること、立場が違うこと、分かり合えないことを前提に、わかろうとすること。今風の言葉で立場の違う相手とベクトルを合わせていくスキルのことを「エンパシー」と言ったりもしますね。

 採用は入口が大切

先ほどの木村石鹸の木村社長のお話の中では「調整コストがかかりすぎる人は採用しない(大変さん、ネガティブ誇張ポジティブ矮小な人、心配症過ぎる人など)」と言われていました。ネガティブな人や心配症の人は必要だけど、周りによくない影響を与える人のことを「調整コストの高い人」として採用しないとしているそうです。そして「自分の機嫌を自分でとれるようになろう」と育成しているとのこと。とはいえ、社長が面接するのは最初だけ、あとの面接は幹部や現場の7人で面接し、一人でも×を付けたら採用しない、全員一致で採用とのことです。社長が決めるのではなくて現場が責任をもって採用する人、一緒の仲間になる人を決める、その基準は「する」ではないんですね。他の会社でも聞いたのが、やはり社長ではなく現場が採用を決めていく、そうすると現場も育つし、しっかりと自分事で思いを伝えようとする、そうすると「する」ではなくまずは「いる」ためにお互いのことを知ろうとする関係性から始まる組織になっていくことに直結しますね。

もう一つご紹介したい事例があります。京都にアミタホールディングスという会社があります。そこでは「入社」と言わずに「合流」というそうです。中途入社じゃなくて「中途合流」、入社説明会ではなく「合流説明会」。同じ夢の実現を目指す仲間に入るということを表しています。

ただ人不足といわれる今、特に小さな会社の採用では、最初から「夢」を目指すといった志が高い方ばかりとは限りません。ただ、採用時のマインド、「いる」ことができる関係性は大切です。採用の基準は、一日一緒に過ごしても苦痛じゃないかを確認しているという経営者の方がいたことを思い出します。まずは「いる」ことから、入社後の組織で共に働く「仲間」に「なる」ということ、そして初めて「する」ことができる。そこを育成し社会で活躍できる人材を育てる器であることも会社の社会的な役割です。

新入社員が入られた会社も多い時期、これまで書いてきたこととの重複もありますがお伝えしたくまとめてみました。今年度もよろしくお願いします。

より良い組織づくりについて、語り合いましょう。お気軽にお声がけください。

11月のブログhttps://accelc.co.jp/blog/jieigata/

中小企業診断士 阪本 純子

どれだけ社員を愛していますか?~社員と会社の相思相愛実現のために~

2024.3.29

大山です。まもなく開花宣言。今年も桜の季節がやってきました。昨日からの雨はやみ、晴れ間が見えています。3月下旬のこの時季に降る雨は「催花雨(さいかう)」といって、桜をはじめいろいろな花を催す(咲かせる)雨だそうです。水分をたっぷり吸収した桜が、もうすぐ一気に咲き始めるでしょう。楽しみです。

昨年9月から参加させていただいていた『次世代女性リーダー研修』(主催:輝く女性応援京都会議、運営:京都商工会議所)は全6回のプログラムを終え、今月8日に成果報告会が行われました。この研修を受講していたのは、主に京都市内の中小企業でリーダーの立場にいる、あるいはこれからリーダーをめざす女性48名。報告会では6名×8チームがそれぞれ工夫をこらしたプレゼン発表を行いました。

私は自身がリーダーをめざすという立場ではありませんが、組織内のリーダー育成のご支援をさせていただく者として参加させていただき、あらためて良い学びを経験することができました。
以下、最終の報告会で私が発表したメッセージ内容です。

———————————————————–
人生100年時代。
これからはさらに多くの人が「生涯現役」を目指すようになるでしょう。
そんな誰もが、やりがいを持ってイキイキと働き続けられる居場所をつくるのは、リーダーの役割だと思っています。

リーダーは、
・揺るぎない「志」とぶれない「軸」を持ち
・一緒に働く仲間をとことん愛すること!
そんなリーダーのもとには自然と人・仲間が集まり、きっと多くの人が豊かな「生涯現役」人生を送ることができると信じています。

講師の先生からいただいた印象深い言葉
「大好きな職場に明るい灯をともすことを忘れずに」
「職場を育む人になってください」

私は中小企業診断士として、社員と会社が相思相愛であるような企業や組織を世の中に増やしていきたいという理想を持って、仕事をしています。
そんな想いを一人でも多くのリーダーに伝え、共感してもらうために、これからも努力します。

≪私の行動宣言≫
・素のまんまの自分で対話を重視する姿勢を大切にします
・人と出会い、交わり、丁寧に関わっていきます
・学び続けます!
・人間力を高めるために、美しいものを見て、楽しいことをして、心を動かします
・喜びの多い仕事をしていきます
———————————————————–

日々仕事をする中で、多くの経営者の方にお会いします。リーダーシップも様々ですが、とにもかくにも、社員に対するリスペクトもなく社員を愛していないトップのもとに人材は育たず、そこで働く人は幸せにはなれないということを感じています。前回のブログ(コチラです→そんな時代は終わりました! ~組織を変える第一歩はリーダーから~)でも書きましたが、社員をコストとしかとらえず、「どうしたら自分の思い通りに動かせるのか?」ばかり考える経営者のもとには、結局良い人材は集まらず、経営もうまくいきません。

採用募集をしていないにもかかわらず、ぜひ雇ってほしい、そこで働かせてほしいと常時履歴書が送られてくる会社があります。社長はできる限り直接面談をし、求める人物像に合う人は採用しているそうです。社員が大好き、仲間が大好き、仲間が集う自分の会社が大好きな社長です。指導・教育スタイルはかなり荒っぽく時代錯誤なところもありますが、それでも人が集まってくる。社長の信念・想い・愛情が社員に響き、社員の行動に影響を与え、目には見えない組織風土が形成されて、そんな会社に人が集まってくるのだと思います。

「どうしたら社員を自分の思い通りに動かせるのか?」と悩むなら、自分は社員をどれだけ愛しているか?考えてください。結果をつくろうとすると結果は逃げてしまう。なぜなら、人は心を持つ生き物だから。だからこそ、人には丁寧に関わってください。

こんなことを、これからもずっと、経営者やリーダーを目指す方をはじめ多くの人に伝えていきたいと思っています。でも、これって、会社経営だけでなく、家族や友人との関係、自分の人生、生き方にとっても大事な普遍的なことではないでしょうか。人は一人では生きていけません。自分の人生を豊かにしたいのなら、周りの人をもっともっと大切にすること。リスペクトと愛情をもって!

さて、最後になりましたが、私このたびアクセルコンサルティングを離れることとなりました。2021年3月から3年余り、皆様には大変お世話になりました。
いつも申していることですが、私の人生、ご縁で成り立っています。こちらでいただいたご縁も大切にしながら、今後も熱く優しく寄り添う企業支援専門家として邁進してまいります。またいつかどこかでお会いできれば嬉しいです。
心より感謝をこめて、ありがとうございました。

中小企業診断士 大山 マリ子