アフターコロナを見据えたビジネスモデル再構築① | ブログ・コラム

中小企業の経営力と業績向上を加速する アクセルコンサルティング株式会社 近畿経済産業局認定 経営革新等支援機関

〒600-8095 京都市下京区東洞院通綾小路下ル扇酒屋町289番地デ・リードビル6F

友だち追加

無料メールマガジン

「ゼロから」収益向上を加速する!無料メールマガジン・アクセルニュース!小さな会社の経営者のための最新情報をお届けします。

アフターコロナを見据えたビジネスモデル再構築①

2021.1.22

今回から新しい連載をスタートします。

テーマは「アフターコロナを見据えたビジネスモデル再構築」です。

 

ほとんどの業種・事業者でコロナによる影響が出ていますが、従来の事業活動を大きく転換する必要性に迫られている企業も多いと思います。

新分野進出や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編などを検討している事業者に対してお役に立つ情報を提供していきます。

 

事業活動を大きく転換していくということは、ビジネスモデルを再構築していくということです。ビジネスモデルとは、売上・収益を生み出す製品・サービスに関する事業戦略と収益構造のことを言います。

誰にどんな製品サービスを提供し、その対価をどこから得ているか、事業全体のモノ・サービスやお金の流れを図式化したものをビジネスモデル図と言います。

 

コロナによる生活・社会環境の変化により、これまで通りの販売形態で売上を維持・拡大することが難しくなった。

顧客や社会に求められる商品・サービスが変化した。

飲食店等では店内飲食が制限され大きな影響を受け、時短営業や感染対策、席数の減少等の対策が必要になった。

 

これらのような様々な影響が出ていますが、従来どおりのビジネスでは事業継続すらできない厳しい状況の事業者もいます。

そこで考えていただきたいのが、ビジネスモデルの再構築です。

 

顧客ターゲットを変える、商品・サービスを変える、提供方法を変える、収益構造を変える等、様々な方法が考えられます。本コラムでは複数回の連載によってビジネスモデル再構築の方法を皆さんに学んでいただけばと思っています。

 

次回のテーマは「コロナがもたらした変化」を知るということで、事業者や地域経済に与える影響を見ていきたいと思います。