中小企業の経営力と業績向上を加速する アクセルコンサルティング株式会社 近畿経済産業局認定 経営革新等支援機関

〒600-8095 京都市下京区東洞院通綾小路下ル扇酒屋町289番地デ・リードビル6F

友だち追加

無料メールマガジン

「ゼロから」収益向上を加速する!無料メールマガジン・アクセルニュース!小さな会社の経営者のための最新情報をお届けします。

アフターコロナで飛躍するために必要な3つの視点

2020.4.30

“コロナ時代の小規模企業対応ガイド(5月1日版)”をプレゼントしています。

全16ページ、内容は下記の通りです。

Report  No.1 今考える「withコロナ、afterコロナの成長戦略」・・・岡原

Report  No.2 見込み客の集客と育成について・・・石井

Report  No.3 コロナ禍の功罪?リモートでの働き方を活かす戦略・・・阪本

Report  No.4 無料で集客できるツールと言えば Googleマイビジネス・・・浦出

Report  No.5 今申請可能な補助金・融資等情報・・・浦出

是非、今やるべき対応策の参考にしてください。

新型コロナウィルス感染症の影響が様々なところで顕在化しています。当社においても、2月末からテレワーク、時差出勤、訪問自粛によるオンラインミーティングの活用等を行ってきています。
今回のこのコロナ渦は、企業活動の在り方や生活者の価値観の変化を加速することになったと思います。
主に以下のようなものがあると思います。
(1)リモートワーク、リモート学習
(2)衛生観念の高まり
(3)通販の伸長
(4)オンライン飲み会、テイクアウト文化 など・・・

この変化について終息後に若干の揺り戻しがあるにせよ、元の状態に戻ることはないと考えています。
そのような中で、私たち経営者は今何をするべきかが問われています。

現状の対策として最も大切なことは、資金確保です。
とにかく、倒産しない!融資、補助金、助成金をフルに活用して生き残るための資金を確保する!です。

しかし、確実にコロナの終息は訪れます(訪れて欲しい)。
その時まで、資金確保だけ、固定費削減等の支出抑制だけをしている会社と、アフターコロナをにらみ、取り組みを行っている会社では、大きな差が生じてしまうことになります。

コロナで生き残るのではなく、「アフターコロナで飛躍する」をスローガンに皆さんの会社の事業戦略を再度、見直しましょう!と提案しています。

アフターコロナで飛躍するために必要な3つ視点
1.リモートワークの活用のための仕組みの改革
現在、外出自粛が要請される中、仕事的にリモートはしにくい会社もありますが、取り入れられている会社も多くあります。

リモートの浸透で私の中で期待感が高いのは、日本中?世界中のどこの人でも自社で仕事をしてもらうことが可能になる事ではないかと思っています。
ちょっと大きな話なので、関係ないと思われるかもしれませんが、実際のそのようにして仕事をしている士業もいます。

リモートワークを導入されている会社においても様々なメリット、デメリットを感じている経営者の方も多くあると思います。
今、この時を乗り切るためのリモートワークではなく、また同じような状態がいつ起こっても、速やかに対応できる柔軟な会社にできるよう、リモートワーク時のコミュニケーションの取り方、会議方法、勤怠管理、業務報告、従業員の体調管理等の仕組みを作っておきましょう。

2.リアルの価値を考える
今、オンラインの波が押し寄せています。オンライン面談、オンライン販売、オンライン飲み会・・・。リアルのスーパーマーケットも一時的に売上が増えていますが、通販も伸びています。
出かけなくても、家でぽちっとするだけでものが届くのは、外出自粛の中では大変ありがたい存在です。
ただ、企業経営を考えた時にオンライン化が進むということは全国の同業他社が競合になるということでもあります。
もちろん、オンライン化の波には逆らえないので、オンライン対応を同業他社よりも進めていく必要があると同時に、今一度「リアルで買う(売る)」「リアルで食事する」
「リアルで面談する」「リアルでセミナーする」など、「リアル」であるからこそより高い価値が提供できるように考える必要があると思っています。

3.顧客の価値観の変化に対応する
今回の騒動で、消費者の衛生観念は高まっていますし、今後もそれが元に戻ることはないように思います。
コロナ終息後に、よりお客さんに安心してもらったり、より満足してもらったり、より喜んでもらうために、価値観や仕事の仕方の変化に合わせた商品、サービスの提供ができないかを考えましょう。
私どもクライアントさんでも、コロナ終息後、「徹底的にクリーンな○○を提供する」という方針のもと、商品設計やパッケージングに取り組んでいる会社があります。

「全ての苦難は種」という言葉があります。
いま、この種をしっかりと育て、幸せの花が咲くように、コロナのその先を見て、より顧客に支持され、高い収益があげられる会社作りに今、取り組みましょう。

可能思考でコロナ後に飛躍を!