Googleマイビジネス | ブログ・コラム

中小企業の経営力と業績向上を加速する アクセルコンサルティング株式会社 近畿経済産業局認定 経営革新等支援機関

〒600-8095 京都市下京区東洞院通綾小路下ル扇酒屋町289番地デ・リードビル6F

友だち追加

無料メールマガジン

「ゼロから」収益向上を加速する!無料メールマガジン・アクセルニュース!小さな会社の経営者のための最新情報をお届けします。

カテゴリ:Googleマイビジネス

簡単だけど効果的なGoogleマイビジネス更新ポイント

2020.11.19

こんにちは。

アクセルコンサルティングの浦出奈緒子です。

Googleマイビジネスは色々な機能がありますが、

更新頻度も重要なポイントです。

それは、Google社が「Google検索で示される情報が最新・正確であること」を

重視しているからなんです。

 

最新情報の更新などが基本ですが、ちょっとネタ切れの時などにお勧めなのが、

「営業時間の更新」です。

現時点でのPCは、コロナの最新情報のところに出てきています。

 

Gogleマイビジネス営業時間

11月も後半、御社の年末年始のお休みは決まりましたでしょうか。

Googleマイビジネスの下記の画面の鉛筆マークをクリックしていただくと、

祝祭日や夏期休暇・冬期休暇などの情報が入力できます。

当社はこんな感じ。

年末年始がお忙しい事業の場合、

定休日であっても営業されるかもしれません。

そうではない事業の場合は、

時間短縮したり、平日でもお休みになると思います。

 

特に営業される場合、開店時間のスケジュールを入れておけば、

検索された方が立ち寄ってくださることもあり得ます。

 

また、提供しているサービスごとの時間も入力できるようになりました。

 

 

Googleマイビジネスを上手に使って、

お客様への情報提供と、

SEO対策、MEO(グーグルマップ)対策をしてくださいね。

 

 

 

3年目のGoogleマイビジネスの手ごたえ

2020.7.4

こんにちは。アクセルコンサルティング株式会社の浦出奈緒子です。

18年6月に登録してコツコツと情報発信してきたGoogleマイビジネス。

3年目に入った今、新たな変化が生じています。

それがこちら。

今までカウントがなかった当社の「ブランド名検索」に

数値が入るようになりました。

 

Googleマイビジネス、グーグルマイビジネス

Googleマイビジネス

この3つの検索の違いって何かというと、

1. 直接検索

店舗名、住所で調べる方法で、当社だったら「アクセルコンサルティング」とか、「京都市下京区扇酒屋町289番地」などです。

 

2. 間接検索

提供している商品やサービス、カテゴリで調べる方法で、

当社だったら「京都市 コンサルティング」とか、「京都 経営支援」などです。

 

3. ブランド名検索

ブランド名は、ビジネスに関するブランドを検索して・・・とあります。

例えば、「ハリーウィンストン」というブランドで調べるとすると、

「ハリーウィンストン 銀座店」は直接検索、「ハリーウィンストン 店舗」は間接検索、「ハリーウィンストン」はブランド名検索になります。

ただ、間接検索とブランド名検索の明確な区分は調べてみても不明でした。

ただ一つ言えることは、検索で表示される幅が広がっていて、より多くの方に見て頂ける状況になっている、ということです!

 

ブランド名検索自体は18年からある機能なので、

自社のブランド名が浸透している事業所様は初めからカウントされていたかもしれませんね。

 

成果が出るまで、半年くらいはかかりますが、

無料で使えてとても有効なツールのGoogleマイビジネス。

御社でもぜひ活用してください。

youTubeアップしました(Googleマイビジネスってどんなもの?

2020.3.18

こんにちは。浦出奈緒子です。

コロナ、コロナで環境変化が激しいですね。

今できることをするしかありませんが、Googleマイビジネスってご存知ですか?

Googleの公式ツールで、無料で使えて、SEOやMEO(Googleマップ検索)対策にも有効なので、集客力アップに繋げることができます。

今まで各商工会さま、商工会議所さまでセミナーを担当させて頂き、おかげさまで好評いただきました。

その内容を動画用に変更してアップしていますので、ご興味がおありでしたらぜひご覧ください。

リンクはこちらです。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネス 商品(ベータ版)に登録してみました

2019.8.28

こんにちは。アクセルコンサルティング株式会社の浦出奈緒子です。

どんどん進化しているGoogleマイビジネス。
自社や京都商工会議所様でも今年6月にGoogleマイビジネスのセミナーをさせて頂きましたが、京都商工会議所様の直前に「クチコミを増やす」の機能が実装され、テキスト記載は間に合わずに口答でお話をさせて頂きました。

そしてまたいつの間にか増えた「商品(ベータ版)」の機能。
先月登録してみましたので、どんなふうに掲載されるかお伝えしますね。

今まで「サービス」として自社サービスを記入できる欄がありましたが、その記入内容はセクション名、アイテム名とその内容といったメニューに関するものと、その価格の文字情報に限定されていました。

ですが、「商品(ベータ版)」(写真右下)の場合、サービスで入力する内容の他に、画像と商品の詳細説明などのURLが必須になっています。
自社HPのULRなどにリンクできるので回遊性が高まっている一方で、特定のURLがない商品については情報発信ができない状況です。

「サービス」と異なり、「商品(ベータ版)」記載の内容はPC、スマホともナレッジパネル(写真右側の枠のこと)に表示されるので、お客様の目に触れやすい状態です。

ちなみに、ベータ版って本格展開前のテスト版、ということだそうです。

「商品(ベータ版)」は初めに開いたページに表示されるのでお客様への認知にとても有効です。

ぜひ入力してみてください。