経営革新計画承認

承認の3つのポイント!

承認されるための3つのポイント

1.既存事業とのシナジー

経営革新のひとつの考え方の中に、「既存の経営資源を活かす」というものがあるようです。

それはつまり、今までの事業と全く何も関係のない事業をするような「新しい取り組み」は、承認の対象となりにくいということです。


2.新規性と事業性があるか

新規性とは、「個々の企業にとって新たな取り組みであれば良い」ことにはなっていますが、酒屋がコンビニをするなど、業界などで相当普及していることは、認められません。
また、事業性とは、事業として成り立ちますか?ということです。つまり、アイデアの具体化に一歩も進んでいない、事業とするには、予想される売上が少なすぎる、などが事業性がない考えられます。


3.何としても承認を受ける(経営革新する)という経営者の意思

先ほども書きましたが、計画書作成の途中で投げ出される経営者の方も中にはいらっしゃいます。その判断は悪いことではないのですが、これから承認を受けようとされる方にご理解いただきたいのは、簡単に承認されるものではないということです。

その理由として、承認のポイントのひとつに、都道府県担当者に計画内容を十分理解してもらい、承認審査会で説明してもらう必要があるため、担当者とのやり取りに時間がかかる場合があるからなんです。

計画が良くても、粘り強くないと承認までいかない場合もあります。

具体的に詳しく相談してみる